◆◆ 花の百名山【根子岳】日本百名山【四阿山】の山ろく、長野県・信州 菅平高原のウィンターワンダーランド ◆◆

スノーシューで

ウィンターワールドが広がる
スノーシュー
スノーシューで沢沿いを散策 雪の上でもらくらく歩けます。 時にはこんな沢越えも 雪深い所もスノーシューさえあれば 思わず自然の作り出す冬の造形美に見とれてしまう。 林の中だってヘイッチャラ
冬の菅平高原の幻想的な景色。ゲレンデでは味わえない。
ゲレンデを飛び出せば、どこでもそこはスノーシューランド
菅平高原はスノーシューを楽しむにはもってこい
根子岳に登るのもよし、牧場や雑木林の散策、
沢に沿って歩けば、自然の作り出す氷の芸術が楽しめます。
スノーシューで決めのポーズ
菅平高原 スノーシュー ・ ツアーコースのご案内
 初級コース  1.牧場コースT 2.自然遊歩道コース 
 中級コース  1.牧場コースU 
 上級コース  1.ツバクロ・大松コース  2.根子岳コース
【ご注意】
牧場は私有地です。ご宿泊のおり、お宿のオーナーにご相談下さい。
詳細はご宿泊の宿のオーナーにお尋ね下さい。 

◆ 2004シーズンのスノーシュー・ツアー(下の【記録写真】をクリックしてご覧下さい)
   ◆2004/2/28 参加者 10名  記録写真  別荘地から沢沿いに菅平牧場へ
◆2004/3/3  参加者  4名  
記録写真  ツバクロ山頂をまわり大松ゲレンデ手前まで
◆2004/3/17 参加者  4名  記録写真  大松駐車場から三日城へ
◆ スノーシュー
   スノーシューという言葉もだいぶ耳にするようになって来ました。それでもまで実際にスノーシューをはいた
経験のある方は少ないのではないでしょうか?
スノーシューを説明するのによく「西洋かんじき」といいますが、まさにその通り。但し形は「靴に履く大きなスリッパ」と表現したほうがお分かりいただけると思います。(表題の隣の写真がスノーシューです)
スノーシューの大きな特徴は【ヒールフリー】かかとが浮く事にあります。また裏にツメがついています。
◆ スノーシューで歩いてみよう
●まず履いてみよう
雪のあるところで、止める部分が外側にくるようにして履きます。雪が深い場合は周辺を予め踏み固めます。バインディングに雪が入らないように注意し、足が痛くならない程度にしっかりと固定します。
ハーネスを締める手順は、先端側から。フットベッドに足の置く位置を定めてつま先側のストラップを締め、その後にかかと側のテンションをかけます。ストラップや、その締め方はスノーシューによって多少違います。
●歩いてみよう
スノーシュー同士がぶつかったり、自分で自分のスノーシューを踏まないよう足を少し開き気味に、前に出す感覚で進むとうまくいきます。片側だけボーゲンの要領でほんの少し後ろを開き気味に歩いてもOK。スキーよりは長めのストックを使うと歩きやすい。
●登ってみよう
かかとを浮かせ、つま先を斜面に蹴りこんでキックステップの要領で登る。ツメを効かすとことも大切ストックをうまく使うと、助けになります。
●下ってみよう
登りと逆で、かかとかを雪面に突き刺す感じで歩きます。急斜面は無理をせずジグザグに降りましょう。
菅平高原ペンション部の公式サイト、山野草、周辺観光ガイド、登山マップ、サマーショップ、ゲレンデガイド等、情報満載 宿を探すならここをクリック、各ペンションに問い合わせが可能です。 菅平高原観光協会の公式サイト 真田町のピンポイント予報
菅平高原のペンション お宿に直接問い合わせ 菅平高原公式サイト 天気予報
◆◆このサイトに関するお問い合わせは◆◆
 〒386−2201 長野県上田市菅平高原 国際リゾートセンター内 
 菅平高原旅館組合 ペンション部 オフィシャルサイト担当までご連絡下さい。
     お問い合わせは 問い合わせフォーム からお願いします。
Copyright(c) All rights reserved.
 無断転用することを禁じます。
by sugadaira pension hp department snow-shoes section